匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

『ブラックボックス』の余韻

伊藤詩織さんの著書『ブラックボックス』の中に、響く言葉があった。

権力や

肩書き付きの怒声など、

放っておいても

響き渡る。

 

だが、小さな声は違う。

 

国家や

世間へは届かない。

その架け橋になることこそが

報道の使命なのかもしれない、と 

小さな声こそ、耳を澄ましたい。

僭越ながら、これは私の理想の生き方にも通じる。

 

この言葉を残したのは、

ジャーナリストの清水潔さんという方だそうだ。

モニターアームを設置した

お客さんのところでモニターアームを使っていて、作業させてもらったときに快適だったため、自分のオフィスにも導入してみた。

f:id:kosuke-komiya:20171108143818j:plain

エルゴトロン製のモニターアーム。

デスク周りのスペースが増えて、とっても快適になりました。

 

オフィスは1席だけ間借りさせていただいてるのだが、

法人になったことで保存する書類が増えたり、

備品が増えてきたことで、手狭になってきた。

 

デスクの下はモノでぐちゃぐちゃ。

なんとかしたいなぁ。