匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

最初のブログ

昨日は、仕事の疲れからか、帰宅後に何をするでもなく熟睡してしまった。そして、私の朝は、息子に飛び乗られることから始まる。

「お父さん! この本読んでよ!」

朝から勘弁してくれよと思いつつ、本のタイトルを見る。「宇宙の図鑑」とある。息子は宇宙に興味があったかな?

「ごめんね、今日もお仕事だから、お母さんに読んでもらって」

とやり過ごす。

妻から弁当を受け取り、オフィスへ出社する。

 

今日は、昼からクライアントと重要な会議が1件あった。今後の取り引きに関わる、大切な話。フリーランスのソフトウェアエンジニアとして、福岡で仕事を初め、もう5年にもなる。いままでも、何度だってこういう経験をしてきた。だけど、いつも悲しい。ショックはある。

 

LINE で家族に連絡。

「今日も遅くなるよ」

 

いつもの時間で予定していた仕事を終え、溜まっていた雑用を整理する。そうそう。今日から正式にブログを始めることにしたので、ブログを書かなきゃならない。

いままで何度もブログに挑戦してきたが、いつも続かない。何を書くべきか迷ってしまう。今回は(できるだけ)毎日書くことにした。だから、どうせ、あまり真面目な内容では書くことができない。だから、思いついたことを日々綴ることから始めようと思う。

 

読者はまだない。

 

そのうち、知り合いに読んでもらうように頼もうと思う。

今日も夜は更けてゆく。