匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

ブログのタイトル決定!

ブログをはじめるにあたって、タイトルをどうしようかずっと悩んでいた。

名前というのは何事にも大事になる要素だが、上手に名付けるのは本当に難しいと思う。悩み抜いた末、「匠の相駕籠」というタイトルに決めた!

妻に最初に見せたときの反応は「読めない(笑)」だった。

 

「匠の相駕籠」は「たくみ の あいかご」と読む。駕籠(かご)という言葉の響きが面白いなあと思って、辞書でいろいろ引いてみると、駕籠にまつわる言葉は多い。

  • 駕籠 ... 乗り物の一種
  • くずかご ... ゴミ箱
  • 御膳駕籠 ... 料理の提供に使うかご
  • 揺り籠 ... 赤ん坊をいれて揺らすかご

> 参考:広辞苑

このブログは一人で書き続けるというより、将来一緒に働いていく仲間と一緒に書いていくようなものになればいいなと考えている。

相駕籠(あいかご)は、一つの駕籠に相乗りすることだ。それだけだと寂しいので、何か言葉を付け足そうとして、結局「匠」という言葉をつけた。

「匠」は、しごととか、芸術、技術、また物を造る仕事を生業とする人のことなどを言う。

 

ソフトウェア開発の仕事、特にプログラミングは、職人気質的な側面が必要になる仕事だ。実情にはあっているかなと思う。 

 

大体、私というのは小難しいことが大好きだ!

そのせいでブログのタイトルまで、こんな小難しいものになってしまった...。

 

今後とも、よろしくお付き合いいただければと思います。

 

 

そして、ブログのタイトルが無事に決まったので、正式にブログを公開設定にしました。いままでは非公開で、誰も読むことがないブログを、しこしこと書いていたが、今日からは誰でも読むことができる!