読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匠の相駕籠

福岡で成長をつづけるソフトウェア企業の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

アメリカ大統領選挙

私は政治にはわりと関心のある方で、なぜかと言うと、政治は自分たちの生活環境に、とても大きく影響してくるからだ。

 

日本でとても人気のあった小泉純一郎元総理。

2005年の郵政民営化を決める選挙から、日本の一億総中流といわれる社会の崩壊が明確にはじまった。いまでは貧富の格差がどんどんひらいていき、社会的弱者に厳しい世の中になった。

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)

あらゆる競争を世界の市場で行おうという実験なので、単純に利益だけでは考えることが出来ない農産業などの構造は特に影響をうけるといわれている。農業の形、いままでの私たちの故郷の風景がガラリと変わってしまうということでもある。(TPP自体、トランプ大統領の誕生で、立ち消えになる可能性が大きくなったと思うが)

 

今回のアメリカの大統領選挙の結果も、間違いなく歴史の転換点になるだろうと思う。トランプ vs クリントン という構図が何を意味していたのか、不勉強でちゃんと理解できていないかもしれないが、クリントンの政策はいままでのアメリカ政策の延長線上にあるものだろう。アメリカの影響力を、世界に可能な限り広げていき、経済をアメリカルールに置き換える(グローバリズム)。

対してトランプは、グローバリズムの反対方向。アメリカ国内の保護政策を優先していると思う。

 

ともあれ、今日はいろいろと新聞を買って、勉強してみようと思う。