匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

お味噌汁で暖をとる

とても寒い。

福岡は、今日の夜にかけて一層冷え込みが厳しくなるそうだ。わたしも今日は念を入れて、手持ちのジャケットの中で、いちばん温かいものを持ってきた。

わたしは普段、自転車通勤なのだが、夏と冬はつらい季節だ。夏は暑さで、汗だくになってしまうし、冬は寒さで、動くのが億劫になる。

 

午前中の仕事は終わった。少し遅めの昼食をとる。

家から持参したお弁当と、少し暖かいものを胃袋に入れたかったので、コンビニでインスタント味噌汁を買ってきた。暖かい汁物は、からだとこころに優しい。

 

そういえば、昨日の夜。うちに帰ってから何もする気が起きなくて、ぼんやりとテレビをつけていた。深夜番組で「孤高のグルメ」を放送していた。今回は中華料理だった。食指が動くものから、アラカルトで注文し、むしゃむしゃと口に掻き込む姿は、食欲がそそられる。

こんなの、真夜中にやるんじゃないよ! 腹減ったなぁ。

 

今日はこのあともう一つ仕事を片付けた後で、打ち合わせのために外出する。フリーランスのソフトウェアエンジニアは、なかなかプログラムだけを書いてられない。付き合いや、営業活動、お金の計算もする必要がある。

こういったことを避けたいならば、フリーランスなんてやらないほうがいい。