匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

いつもの英語レッスン

毎週行っている英語のレッスンを終える。

レッスンは、マンツーマンでみっちり一時間あるため、終わる頃には頭がヘトヘトになる。いま担当してくれている先生は、とにかく私をよく喋らせる。

簡単な言葉を、繰り返す。それに慣れてきた頃に、文章でそれを繰り返す。最終的には、会話に近い速度になるように、早く話すことを要求される。日本語と英語は発音が違うため、普段使わない舌の筋肉が動いて、もつれる、もつれる。

しかし、これを繰り返していると、なんとなく話せるような気分になるから不思議だ。

 

本当は、英語の自習をしっかりとした上で、レッスンに臨みたいと思っている。けれど、あまり英語の学習時間が取れておらず、毎回レッスンのちょっとした復習程度で終わってしまう。英語の身につくスピードが、ゆっくりなため、そこはもどかしい。

 

今日もたくさんの課題が出た。話すことを、くりかえし、くりかえしすることで、自然と喋るトレーニングを続ける。