匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

家族の食事

いつも朝は、子どもの強烈なボディプレスで目を覚ます。そんな強力な目覚ましでも、なかなかすぐに起きれないこともある。子どもは、しばらく粘るが、そのうち諦めてくれる。

最近ずっとそうなのだが、妻や子どもたちが朝食を取っている時、わたしだけ寝てしまっている日々が続いている。わたしは、寝起きにすぐご飯を食べられない。朝起きると、子どもがあれこれ遊ぶのを楽しみにして、付き合ってしまうと、あっという間に時間が過ぎていく。そのため、いつからか朝は30分程度、遊んで、そのまま朝食に参加せずに家をでることが多くなった。

夜も帰りが遅いので、家族で一緒にご飯を食べる機会が減ってしまった。はやく家に帰れたときか、土日のお休みのときだけになってしまっている。よくよく考えて、やはり良くないなと考え改める。

食事の時間は、いろいろな話をしたり、その日の出来事を共有する時間でもある。

明日からは、朝食は取らないにしても、必ず起きているように頑張ろうと思う。

仕事の状況

いまはそれほど急ぎの仕事がなく、黙々と作業をすすめている。いまは月末のため、請求処理などの事務も行う。これは毎月のことなので、時間がかからないように流れ作業のように行う。

このところ細かい事務作業や、外出も続いたので、あまりまとまった仕事に取り掛かれていない。明日からは12月に入り、それに伴い、来年に向けての動きも始めなければならない。

目に見える成果がないため、焦る気持ちは生まれるが、仕方がない。

限られた時間を、集中して、やらなくてもいいことは後回しにし、一つずつ丁寧に進めていくしかない。