匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

年賀状の準備

もう今年も残りわずか。わたしは年賀状の準備をしている。

いまでは、新年の挨拶を、メールやLINEで済ませることが多くなってしまった。そのため、わざわざ年賀状を出すことがなくなったという人も多い。

私は昔からずっと書いていたわけではないが、この数年前から、年賀状を書くようになった。年賀状は、疎遠になってしまっている友人たちとのつながりを保ってくれる。わたしもこの時期になると、年賀状の準備をしながら、彼らのことを思い出すことができる。元気でやっているかなぁ。

年賀状は、お正月に届くと、やっぱり嬉しい気持ちがあると思う。

ちょっと面倒ではあるけれど、毎年続けている。

 

仕事用の年賀状も準備を進めていて、こちらは年賀はがきではなく、注文したデザインされたはがきを使う。これには、年賀用の切手を貼らなければいけない。

f:id:kosuke-komiya:20161221144912j:plain

はじめて年賀用の切手を買った。ちょっと新鮮。これを普通のハガキに貼れば、年賀はがきのように、おめでたい雰囲気になる。

 

この切手を求めて、近くの郵便局へ行ったが、なんとすでに売り切れ...。少し離れた、大きめの郵便局を紹介される。受付のお姉さん曰く、小さな郵便局には入ってくる数が少ないので、この時期には売り切れになってしまうとのこと。

次に訪れた郵便局では無事に購入できた。

どのくらい在庫がありますか、と聞いてみると、あと少しで売り切れとのこと。

 

年賀状をおくる風習というのは、多少面倒だけど、風流だと思うので、残ってほしい文化だなと思っている。