読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匠の相駕籠

メメントモリ公式ブログ

先輩に会った

むかし働いていた職場でお世話になっていた先輩と、食事をした。

 

私が新卒採用で働いていた頃、どうしても仕事上の不手際が多くて、なかなか結果を出せずに苦しんでいた時期。

そんなことに関係なく、私をよく励ましてくれていた。

 

あのとき、そのように支えてくれる人たちがいなかったなら、私はとっくに潰れてしまっていて、この仕事を続けることは出来なかったと思う。大変、恩義のある人だ。

 

博多駅近くのハードロックカフェに入り、ビールを飲みながら色々と話をする。

f:id:kosuke-komiya:20170214133737j:plain

値段も、ボリュームも、カロリーも、なかなかすごい。

 

今日、先輩に会ったのは理由があって、仕事上どうしても調べておきたいことがあり、私がその環境を持っておらず、一日だけ先輩の環境を使わせていただくお願いをしていた。

 

食事を終えて、先輩宅にお邪魔する。

 

日付が変わる頃には、一通り調べたいことを知ることができた。

一日、お付き合い頂き、本当にありがとうございました。

 

家に帰るには少し時間が遅すぎたため、そのまま先輩の家に泊まらせて頂くことにした。