読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匠の相駕籠

福岡で成長をつづけるソフトウェア企業の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

新しい歌のおにいさん

朝仕事に出かける前に、久しぶりに子どもと一緒に NHK番組「おかあさんといっしょ」を見た。

 

歌のおにいさんが「だいすけ」おにいさんから変わってる!

新しい歌のおにいさんは「花田ゆういちろう」おにいさん。

いまの私の子どもたちの年齢を考えると、「おかあさんといっしょ」を見るのは、せいぜい3〜4年だと思う。そう考えると、子どもたちは残りの時間を、この「ゆういちろう」おにいさん、「あつこ」おねえさんと過ごしていくことになる。

 

私は「ゆういちろう」おにいさんを見ていて、ものすごく緊張しているなと思ったし、「だいすけ」おにいさんのことを、すごく意識して尊敬しているんだなというのが伝わってきた。

 

たくさんの試練を乗り越えて、歌のおにいさん、おねえさんになったのだ。尋常ではない重圧があるのだと思う。

「ゆういちろう」おにいさんを見ていて感じたのは、どんな人でも自分の器以上の重圧を受けたときに、誰しも一度は自分を見失ってしまうんだなと感じた。

 

自分がどう立ち振る舞うべきか。

何を自分の軸にするべきか見えなくなる。

 

その葛藤に打ち勝って、自分をもう一度見つけ出すことで、そこから脱出することができるのだろう。先代の「だいすけ」おにいさん、「たくみ」おねえさんは長年勤めあげて培った強い自信に満ち、まばゆい個性の光を放っていた。

 

これから「ゆういちろう」おにいさんは、どんな歌のおにいさんになっていくのか、ちょっと楽しみである。