読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

『橋下×羽鳥の番組』という討論番組をみた。

5月1日に放送された、テレビ朝日『橋下×羽鳥の番組』という討論番組をみた。

仕事から帰って、遅い夕食を取っていたら、テレビで流れていたので最初から最後まで見てしまった。

 

その日のテーマは「北朝鮮」の問題について。

ここ数日、アメリカ軍の活発な動きや、北朝鮮の挑発的な発言が報道されているので、一触即発の事態かと騒がれている。

 

それはともかく、今回『橋下×羽鳥の番組』という討論番組を初めて見たのだけど、あまり「討論」というか「議論」になってなかったなあと感じた。

「議論」は、その問題について話し合うことで、新たな視点を発見したり、自分もより深くそれについて考えるキッカケを得る所ではないかと思う。(私は、いま国会にて野党が文句ばかり言って、与党の仕事の邪魔をしているという人の話は支持できない。議論は、国会の大切な仕事ではないだろうか?)

 

今回は「北朝鮮」という、そもそもみんなが正確な情報をあまり持っていない問題がテーマだった。結局、長年この問題について調査をしてきていた石丸次郎さんという方が、ご自身が持っている情報を伝えるだけになってしまっていたのが、残念な気がした。

それぞれが、その問題について勉強をして、考えと主張がなければ、議論は成り立たないだろう。

だれも正確な情報を持ってない、北朝鮮の問題では、あまり議論にはならないんじゃないかなぁ...。