匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

福岡の勉強会に参加した

 昨日の夜は、IT関係の技術系の勉強会に行った。

 福岡は昔から有志によって草の根で勉強会が開催され、コミュニティが築き上げられてきた。最近では毎週のように、福岡のどこかしらで IT の勉強会が開催されている。

 

 会社の中にいると、企業間での横のつながりは生まれにくいので、いろいろ大変なことは多いのだと思うが、大切な文化だなと思うようになった。

 

 勉強会の発表で、技術関係の話も面白いけど、私はそこでいろいろな取り組みをやっている人に出会うのが、最近楽しくなってきた。

 ソフトウェアの開発には、技術力も必要だけど、行動力も大切だ。

 実際に仕事をしていく上で、どういうふうに自分から関わっていったのかが、発表している話しぶりからよく分かる。ああ、知らないだけで、福岡にもまだ、こういう面白い人がいるんだなと、いつも気づかされる。

 

 今回は私も1枠、10分程度話をさせていただいた。

 最近さわった Go 言語関係の発表をした。

 

 発表するとなると、準備にすごく時間がかかる。

 発表の内容を考えて、スライドを作成する。

 今回は、あまり時間が取れなかったので、Evernote という製品のプレゼンテーション機能を使ってみた。Evernote は便利なメモアプリで、ここに発表で話したい内容を書いておく。画像の貼り付けも簡単。その内容を、フルスクリーンで投影できて、ちょっとしたスライドっぽく表示できる機能がある。

 スライドを作る手間が大幅に減ったので、カジュアルな発表にはいいなと思った。

 

 勉強会は、発表するのも参加するのも、時間は結構かかるので、頻繁には参加できないけど、月に一度くらいは何かしらのイベントには参加するようにしたいと思う。