匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

懺悔

最近、いろいろなことがうまく出来なくなってきた。

自分の身体の中で回っている歯車が、うまく噛み合っていないような感覚。

何をしても、それが裏目に出てしまう。

 

仕事をしていれば、こういう行き詰まる瞬間、

壁にぶつかっているような瞬間はある。

質が悪いのが、前にぶつかった壁と同じものに当たったときだ。

 

自分はまったく何も成長できてないと自己嫌悪してしまう。

 

こういう状況に陥った時に、

どういう風にしたらよいのか、私は少しだけ経験から知っている。

 

 

一つは、こういう時こそ丁寧に進めること。

うまく出来ないからと、適当に進めてしまうと、

経験的に大怪我をすることが多いような気がする。

 

適当な仕事というのは、見る人が見ればすぐに分かる。

そうして一気に失ってしまった信用は、簡単には取り戻せない。

 

 

もう一つは、壁にぶつかった時こそ「学び時」だということ。

自分は新しい問題に取り組んでいて、

それにどう立ち向かったら良いのか、わからないのだ。

自分の中で無理やり答えを探すよりも、

外に知恵を求めたほうがうまくいくような気がする。

 

こういう時こそ、自分が気になっていた本などを

しっかりと読み直したりすると、

新しい発見があったりする。

 

 

私はまだまだ上手くできないことだらけだ。

失敗してばかりだ。

他人の気持ちを踏みにじってばかりだ。

 

どうかこんな私を助けていただきたい。