匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

子どもNPOの会合にて

今日は、月に一度の NPO の会合があったので参加してきた。

今年の初めくらいから関わり始めた NPO で、

福岡で長年、子どもを取り巻く環境や問題について取り組んでいる団体だ。

 

何か自分ができることで力になりたいと思いつつも、

あまりにも物事を知らなければ、

見当違いにもなりやすい。

 

まずいまの問題を知ることからと考えて、

月に一度開催されている勉強会に参加している。

今日は、最近良くクローズアップされるようになった

子どもの貧困問題についてだった。

 

福岡市と協力して実態調査に関わった先生がお越し下さり、

データと先生の考えについて伺った。

 

 

子どもの貧困問題については、

詳しくここで述べることはしないが、

講義の中で面白い話があったのでこちらに掲載したい。

 

こどもが勉強についていけない問題についてですが、

勉強というのは、

勉強の教え方をいくら研ぎ澄ましても、

なかなか効果が出ない。

 

学ぶことから脱落してしまった子どもたちは、

信頼できる大人と出会って、

この人と一緒にいたい、

この人から学びたいと思うことで、

学業に復帰する意欲がでてくる。

 

この効果はとても高い。

 

私自身の幼少期は、貧困というわけではなかった。

しかし、勉強はすごく嫌いだった。

成人してからになるが、

非常に尊敬できる上司と出会い、

そこから色々なことを学ぶ喜びを知った気がする。

 

私がそういう経験をしていたので、

この話は、何かとても私の心に響いた。