匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

やるかやらないか

私がこれまで出会った中で、最高のプログラマーは元同僚のAさんだ。

たまたま彼の Facebook の投稿を目にした。

ゲーム業界で大変有名な CEDEC という

技術カンファレンスがある。

仕事が忙しい中、すべてのセッションの配信に目を通しているようだ。

 

最新の動向をきちんとしらべて、

自分の仕事に活かすことを当たり前のようにする。

 

彼は昔からそうだった。

それができたら、一番いいよねということを、

当然のように実行する。

最新のセッションにすべて目を通していたら、

それだけでも得るものはかなりのものがあるはず。

しかし、それにはたくさんの時間と労力を使う。

 

普通の人は、やらなきゃなーといってやらない。

彼は、やらなきゃなーと思って、ちゃんとやる。

 

この人にはとても追いつけないと思わされた人だった。

 

誰の目の前にも、

ただやるのか、やらないのかの道があるだけ。

自分はそれができなかった。

彼はそれをただ実行した。

 

これは大きな差だ。