匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

人に影響をあたえること

人にどれだけ影響を与えてきたのかって大切だなと強く思う。

たとえ人後に落ちない能力があっても、

自分のためだけに使っていては、誰のなんの役にも立てない。

 

私はプログラミングが好きで、

ソフトウェア技術者の端くれをしている。

技術者としての欲は、

より能力と才能が欲しいし、

できるかぎりのことを吸収したいと願う。

 

でも、それが自分の世界に閉じてしまっていると、

まったく意味がなくなってしまう。

 

あたり前のことだけど。

能力や才能をもったまま死んでしまっても、

それはどこにも持っていけない。

 

自分一人ができることは多くない。

どうせ、望むほど多くのことをやれる時間を人は持ってない。

だから、人に対してどれだけしてあげられたかが大切なんだと思う。