匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

広島平和記念資料館

広島の原爆ドーム近くにある、広島平和記念資料館へ行ってきた。

この資料館に来るのは、

小学校の修学旅行以来のような気がする。

 

大人の入場料は 200 円。

入場してすぐに時計台がある。

f:id:kosuke-komiya:20170920161318j:plain

この時計は2つの時間を刻んでいる。

ひとつは原爆が投下されてからの日数。

もう一つは最後に核実験が行われてからの日数。

後者は、17日と刻まれている。

 

この時計を0日にする瞬間、

この広島にはどんな空気が流れるのだろうか。

 

平和記念資料館は、だいぶん変わっていて、

かなり近代的な建築になっているような気がした。

昔見たときの記憶は殆ど残っていないけれど、

かなり悲惨さを全面に押し出していたような気がする。

 

私の感受性が腐ってるせいかもしれないが、

新しい展示は、あまり原爆について

何か強烈な印象を与えるものがない気がする...。

淡々と、原爆にまつわる展示物が続く。

写真や掲示物が展示の主で、おもったよりも狭く感じた。

 

ここに出されていないのかもしれないが、

凄惨なものはもっといくらでもあるだろうし、

世界中から人がやってくるわけだから、

見せ方というのが本当に難しいだろうなと思う。

 

厳粛な空気で、資料館をあとにした。

 

広島の出張日程は今日で終わりなので、

夕方の新幹線で福岡に戻ります。