匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

歴史の転換点

政治について。

ここ数週間、政治が激動していて先が読めない。

 

まず安倍政権による自己都合の解散。

まったく国民をバカにしているとしか思えない。

しかし、実際に自分が選挙に行くことを考えたとき、

私はいったいどこに投票したら良いのだろう。

 

多くの人はそう考えているだろうし、

結局、安倍政権への反対票は分散してしまって、

自民党が多数を取ってしまうのかと思った。

 

希望の党が立ち上がったことは、

ふーん、くらいに考えていた。

 

びっくりしたのは、民進党が希望の党に合流し、

事実上の解党とする決断をしたこと。

 

希望の党は、たしかに新鮮味もあり、

さきごろの東京都知事選では、多くの批判票を集めて大勝した。

 

しかし都民ファーストは地方政党であって、

東京にしか支持基盤がない。

 

勢いをなくしているとはいえ、

全国に支持基盤をもっている民進党が、

希望の党に合流したことは力強い潮流を生むのではないか。

 

しかし衆議院が解散されると決まったのは、

まだここ最近のことだ。

この非常に短期間で、事実上の民進党の解党を決断した前原代表、

それを承認した議員たちは、凄まじい覚悟だったと思う。

 

 

私は民進党の前代表、蓮舫氏の代表辞任のインタビューを見ていた。

これを見ていて、

政治というのも前の人が作ったものを、

あとの人につなげていくバトンリレーなのだなと思った。

 

民進党(民主党)にも歴史あり、

たくさんの前任者たちの仕事や意志を受け継いできて、

蓮舫氏は代表になった。

辞任会見のインタビューには、

今後の民進党のため、今後の国政の将来ことだけを思って

身を引いたという姿勢みて、感動した。

なぜ民進党はこの党首を守ることができなかったのかと残念だった。

 

 

前原代表も、もちろんそういう思いを受け継ぐ人だろう。

それを持ってして、

党の歴史に幕を引く決断をしたことが、

どれほど重い決断だったことか..。

全ては、国民に自民党以外の選択肢を与えるためだけだ。

 

自由はただで手に入るわけじゃない。

国民は、はたしてこの思いに答える覚悟を持っているだろうか。

 

 

数週間後、笑っているのは安倍首相か、

それとも歴史の転換点がくるのか、

まったくわからない。