匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

映画の話

『レッドタートル ある島の物語』を DVD で観た。

監督はマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット。

日本、フランス、ベルギーの3カ国をまたいで製作され、

スタジオジブリも深く関わっている作品だ。

 

ある男が無人島に遭難するところから話がはじまる。

島の中で経験するさまざまな出来事、危険など、

まるで自分もそこにいて、

一緒に体験しているかのように錯覚してしまう。

 

餓えの苦しみや、孤独に押しつぶされそうになる描写など

思わず観ているこちらも苦しくなる。

 

DVD を子どもが寝静まった夜に観ていたのだが、

途中で子どもが起きてしまったりして、

断片的にしか見れなかった。

また同じところ繰り返し見たりなどしていた。

 

繰り返し見ているときに感じたのだが、

これは、何度も観るような映画じゃないなと思った。

悪い意味ではなく。

 

映画を通して、この男性のある人生の一場面を体験する。

何度も何度も繰り返し見て「楽しむ」映画ではなくて、

いっしょに「経験」する映画なんだなと思った。

 

こういう映画は、最近の映画ではあまり観たことがなかったので、

新鮮な気持ちだった。