匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

『九州アプリチャレンジ・キャラバン 2017』中間発表

10月14日(土)に実施された中間発表に参加しました。

『九州アプリチャレンジ・キャラバン 2017』は、

12月に開催されるアプリコンテストに向けて、

学生たちが作品を作り上げていくイベントです。

 

第一回目から学生のサポート役で参加しています。

第一回目はこのような感じでした。

 

今回は中間発表ということで、

各チームの進捗が少しずつ見えてきました。

f:id:kosuke-komiya:20171016161252j:plain

基本的な動きは出来ていて、ブラッシュアップに入ろうとしているチーム。

設計書が出来た段階で、いまから実装に入るチーム。

いろいろでした。

 

去年も参加したメンターの方の話では、

中間発表から12月までのあと1カ月ちょっとで、

毎年ミラクルが起きるとのこと。

 

どれくらいそれぞれのチームが伸びていくのか楽しみです。

 

 

イベント中にチャレンジキャラバンの意義について

話をしてくださった方がいて、

それは本当にそうだなと思いました。

 

世の中には色々なイベントがある。

トップレベルの技術力を競い合うコンテスト。

事業コンテストのように資金獲得等を目的とするコンテスト。

 

どんなトッププレイヤーであっても、

最初の一歩は小さいし、

最初にできるものは稚拙なものです。

 

チャレンジキャラバンは、

その最初の一歩を踏み出すクリエイターの

後押しをするイベントだと。

 

 

どうしても社会に出てからでは、

結果を求められるし、

簡単には失敗できないけれど、

チャレンジキャラバンは失敗しても、

それで誰かを傷つけたりはしない。

 

自分と同い年くらいの人と、

アイデアや作るものを闘わせる場にもなるし、

地元企業の社会人と触れ合う機会でもある。

 

是非、この機会をうまく使ってください。