匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

使っている電子辞書の話

愛用している電子辞書が修理から帰ってきた。

この辞書は5、6年前に買ったもの。

f:id:kosuke-komiya:20171030094338j:plain

パソコンを使うようになってしまってから、

漢字の書き方をかなり忘れてしまった。

ノートに文章を書くこともあるので、

そういうときに電子辞書で文字を引く。

 

ブログを書くとき、

言葉の正確な意味を調べながら書くことも多い。

 

先月くらいに、

ちょっとした子どものいたずらで、

電子辞書のキートップが取れてしまい、自分では修理できなかった。

 

それ以来ずっと使えなくて、

不便な思いをしており、

先日、ようやく製造元へ修理に出した。

 

それから約一週間ほどで帰ってきた。

製造も終了しており、

古いモデルなので、いい修理代金になりそうだな

と覚悟していたが、

なんと無償修理とのこと。

 

修理自体簡単だったのかもしれないが、

せめて返送費用ぐらい請求してほしかったが、

それもなかった。

 

こういった製品は、

使っているうちに愛着が湧いてきてファンになることも多いが、

アフターサービスでファンになることも多い気がする。

 

手厚いサポートというのは、

長く使っていきたいと思わせてくれる。

 

勉強になりました。