匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ 匠の相駕籠(たくみのあいかご)

末っ子の入院。

末の子が喘息の疑いがあり、さきほど緊急入院となった。

息がゼコゼコしていて、

昨日ぐらいからとても機嫌が悪かった。

今日、妻が病院へ連れていったところ、

診察の数値が悪く、入院して様子を見ることになった。

 

期間はおそらく一週間ほど。

 

妻から連絡を受けて入院先の病院へ駆けつけた。

自分の身ならまだしも、

我が子が辛い思いをしているを見るのは、

身を引き裂かれるような思いだ。

 

しかし病院というところは安心する。

 

子どもの病気に対して、私は自分の力で何もしてあげることは出来ない。

病院ならば、少なくとも最善の医療を施してくれる。

医療の進歩に感謝する。

 

 

家庭の事情として辛いのは、やはり金銭的なところ。

子どもの医療費は無料なのだが、

細かいところでどうしても必要になるお金がある。

例えば、幼児の入院には付き添いが必要だ。

付き添いする母親、父親の食事代は有料である。

 

入院に伴って、いろいろと必要なものを買い揃えなければいけない。

病院にはなんでも揃っているわけじゃない。

水など最低限のものから、

歯ブラシ、コップ、その他細々としたものに出費がかさむ。

 

私たちは車を持っていないが、

移動はすべてタクシーになってしまう。

タクシー代も安くはない。

 

 

我が家には、幼稚園に行っている長男がいる。

妻が付き添い入院しているため、

長男の面倒は私が見なければならない。

 

幸運なことに、取引をしているお客さんに理解があり、

突然のことにもかかわらず、

一週間ほどお休みをいただくことができ、

末っ子が入院している間、私が長男の面倒を見ることが出来た。

 

もしひとり親、シングルファザーやシングルマザーだと思うとぞっとする。

残された子どもを誰が見るのか。

入院している間、働けなくなると生活できなくなる。

一体どうしたら良いのか。