匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ 匠の相駕籠(たくみのあいかご)

マクドナルドに寄った

請負の仕事を終えて、ちょっと考え事の整理をするため、

近所のマクドナルドにやってきた。

この店に来たのは半年ぶりくらいのような気がするが、

内装が大きく変わっていた。

 

マクドナルドは割りと定期的に、

内容やデザインなどを大胆に変えてくる。

利用する方としても飽きないし、まあいいのではないかと思う。

 

そう、マクドナルドで思い出したのだが、

先日も、天神新天町の店舗に寄った。

レジのシステムがガラッと変わっていて、

ちょっと衝撃を受けたので、写真を取った。

 

これが、その時の写真。

f:id:kosuke-komiya:20180104202221j:plain

写真左側のレジで、商品を注文する。

お客はレシートを受け取って、じゃまにならないところで待機。

写真右側の電光掲示板に、レシートの番号が表示されたら商品を受け取れる。

という流れ。

 

前はこんなではなかった。

今まではレジの店員さんが、商品ができるたびに、

お客さんを呼び出していた。

 

あきらかにレジの流れが早くなっている気がするので、

これは成功している仕組みだなと思った。

 

マクドナルドって、

最高のハンバーガーを作る店ではないけれど、

世界規模で、どこでも同じ品質のハンバーガーが

食べられるようにすることに成功した企業だ。

 

あの店とこのお店で、味が違うなんてことはない。

 

今回新しく導入されていたこのシステムを見ていたけど、

レジで受け付けた注文が、

製造係に届き、

決められた工程で作られたハンバーガーが、

流れるように受け取りカウンターに出てくる。

 

IT の仕事をしているからよく分かるけど、

こういうシステムやハードウェアを作ることは、

めちゃめちゃお金がかかる。

中小企業が、業務を改善するために、

独自の IT システムを作るなんて、

まったく予算に収まることはなく、

IT やハードを駆使した、業務の効率化は高価な買い物だ。

 

マクドナルドは、

ハンバーガーを作る会社だけど、

こういったシステムを作ることにも

長けているなと思うし、

その重要性をよく認識しているんだろうなと思う。