匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ『匠の相駕籠(たくみのあいかご)』

いっこうに英語が上達しない

昨日は、毎週恒例の英語レッスンの日。

 

わたしは英語のレッスンを受け始めたのが、2年前の話。先生からは、1年もしたらペラペラになるよと言われていた。2年たったいま、いっこうにまともに喋れない...。わたしはよっぽど出来の悪い生徒だろう..、いまの先生はすごく良くしてくれるのに、本当に申し訳ない。

 

原因はハッキリしている。単純に勉強時間がすごく不足している。だいたい一日に30分から1時間程度しか勉強できていないのだけど、これだけの時間では、習ったことの復習程度しかできない。予習までには至らない。

 

結果的に、先生から教えてもらったことは、間違いなく身についていると思うけど、シチュエーションが変わったりして、応用が必要になると、とたんに頭がフリーズしてしまう。

 

まったく上達していないというわけではない。技術系カンファレンスで、英語のセッションなどは、わりと内容が頭に入るようになってきた。技術ドキュメントに関しても、英語で読む時間が長くなった。

 

英語で話す。英語でコミュニケーションするのは、瞬発力だ。

 

相手の言ったことを、日本語に置き換えていては間に合わなくて、英語のまま頭が理解できないと会話がなりたたない。自分の思いを話すときは、語彙を知っている必要もあるけど、瞬間的に英文を組み立てなければならない。ここでもなんとなく考えてたら、会話が止まってしまう。自分の中に染み付いた言葉でないと、スラスラと口から滑り出てこないのだ。

 

もうレッスンも3年に入っている。あまりこのレベルでウロウロしていては、本当に先生にも申し訳ない。ちゃんと学習する時間を確保しないと...。