匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ『匠の相駕籠(たくみのあいかご)』

私は SNS 嫌い

最近はまったく SNS(Facebook や Twitter など)を見ていない。例えばソフトウェアエンジニアの交流会などに顔を出すと、SNS で流れてくる情報や、ネットでバズっている(話題になっている)情報を、ほとんど皆が知っている。

 

だいたいみんな知っているため、SNS などでバズった情報は常識だよねという感じで会話が始まって、わたしは困惑することが多い。

 

じゃあ何で情報を収集しているの?という風になるのだけど、私は普通の新聞を読む(電子版だけど)。あとは重要だと思う技術系のブログだけを Feed 購読している。

それで終わりだ。

 

そんなんで先端をゆくソフトウェアエンジニアとして大丈夫なの?情報についていけてなくて遅れているんじゃないの?と心配されるかもしれないが、あまり困っていない。

 

自惚れているわけではないけど、わたしの関わっているプロジェクトでは、おそらく平均的なソフトウェアプロジェクトよりも、新しい技術を可能な限り試していると思う。新しいものを試せていると思うのは、技術系のブログや情報に関しては、英語圏のものを中心にウォッチしているのが理由かもしれない。

 

(わるいけど、やはり日本語に翻訳されているプログラミング技術の情報は、劣化している。可能な限り直接英語で読んだほうが有利なのは、まず間違いない事実だと思う。)

 

あともう一つの方法は、わたしにも技術的に非常に信頼しているソフトウェアエンジニアの知り合いが何人かいる。彼らと会話するときに情報交換するのだ。「いまこの技術についてホットな話題はなんですか?」「それについて実際どういう問題がありますか?使っていますか?」など。

 

それだけで、相当おもしろい話が聞ける。もちろんわたしが取り組んでいる問題についても、彼らにちゃんと共有する。

 

ぼくはそれだけで十分だと思っている。