匠の相駕籠

ソフトウェア開発会社の日常とオピニオン - メメントモリ公式ブログ

メメントモリ 会社を知る

株式会社メメントモリの取り組みについてご紹介致します。

f:id:kosuke-komiya:20170503030343j:plain

 

働く環境

メメントモリでは、開発者が力を十分に発揮できる環境づくりを目指し、次の取り組みを行っています。

 

働く時間の自由

一日のどの時間に集中して働くかを、自分で決めることができます。

 

この取り組みには、二つの理由があります。

第一に、働く時間を制限することが、創造性を必要とする仕事の足かせとなることがあります。

第二に、育児、介護などの事情により、仕事を諦めなくてもよい環境を目指しています。

 

働く場所の自由

オフィスに必ずいる必要はありません。

作業する場所を、自分で決めることができます。

 

経費使用の自由

一部の経費を、自分の裁量で使うことができます。

基本的には稟議不要で、事後報告していただく形になります。

 

具体的に、次のものが対象です。

  • 書籍購入
  • ソフトウェア、ツール等の購入
  • Webサービスの利用
  • クラウドサーバーの利用
  • カンファレンス、勉強会等の参加費
  • 交通費
  • 接待、交際に必要な費用

 

※ 高額なソフトウェアやツール、カンファレンス参加料などは、事前に相談していただくことになります。ある程度、善意を前提とした制度になりますので、希望を叶えられないケースがあることも予めご了承ください。

 

英語学習のサポート

ソフトウェアエンジニアは、入社後に必ず英語を身につけていただきます。

学習に必要な、英語教師のレッスン費用などを、会社が全額負担します。

それ以外にも、様々な面で学習の支援を行います。

 

最高の道具を使う

開発に必要なコンピュータ、ツール、環境等は、最良のものを使えるようにします。

最高の道具は、貴重な人の時間を大きく節約してくれます。

予算があるため、何でも買えるというわけではありませんが、良いものは積極的に導入していきます。

 

チームランチ

毎日ランチを支給します。

私たちは、ランチの時間を、一緒に働くメンバーがお互いのことをよく知るための、大切な交流時間と位置づけています。ランチ費用は、会社が全額負担します。

 

サバティカル制度(休暇制度)

毎年、3週間(21日間)の連続した休暇を取得できます。(2年目から)

休暇中の予定が立てられるよう、1カ月前には日程を設定できるようにします。

休暇期間も給料は全額発生します。

 

定期健康診断

年に一度、会社負担で健康診断を実施します。

また配偶者がいる場合、その配偶者も健康診断を受けることができます。

 

透明性のある給料

役員を含む従業員の給料は、社内で公開され誰でも見ることができます。

公正な給与形態を保つ取り組みとして行っています。

 

私たちが大切にしていること

私たちは、自分たちの利益を第一にするのではなく、私たちを支えている社会環境に貢献していくことを、上位の価値であるとしています。

私たちが行動を起こすとき、その基本としている考え方は次のようなものです。

  1. 最高の人材を集める
  2. 私たちはソフトウェアの会社である
  3. 作ることを手放さない
  4. 日本市場と社会環境を重視する
  5. 福岡のソフトウェア産業を拡大する
  6. マスプロダクトを作る
  7. ユーザーの問題を軸にする
  8. 公正である
  9. 根本的な変化を生み出す

この指針を行動の根底において、私たちは価値を生み出す活動を行っていきたいと思います。

 

弊社に興味を持たれた方は、株式会社メメントモリの採用情報 をご覧ください。