匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常 - メメントモリ公式ブログ『匠の相駕籠(たくみのあいかご)』

近況報告

ブログは毎日一本は書くつもりでしたが、継続の難しさを感じております。
お久しぶりの更新です。

 

今月はなかなか仕事が忙しくて、
最近は寝る間も削って働いているような感じです。

しかし今年の前半は、
かなりまったりと仕事をしていたので、
その分は大事なときにしっかりやっとこうという気持ちで頑張っています。

 

いまの忙しさは月末までは続きそう。

いまは本を読んだり、新しいことを勉強する時間が
取れなくなっているので、
来月は少し巻き返したいなと思います。

 

さて、福岡に学生向けのアプリコンテストとして
「九州アプリチャレンジ・キャラバン」というものがあります。

九州の大学生から応募を募り、
実際に現場で働くソフトウェア開発者などが、
メンター(相談役)となり、
学生たちにアプリを一本作ってもらうという、
教育機会を提供しているコンテストです。

 

今年から弊社も協賛することになり、
メンターとして私が半年間参加することになりました。

その第一回目の会合が、明日博多近郊で行われます。

 

後進の育成に関わる機会というのは、
私たちのような小さな会社では、なかなか難しいです。

こういった協議会のような仕組みで、
福岡の企業が協力して、
ソフトウェア開発者を育てていこうという取り組みはいいですね。

 

どうかにか若い人の力になれたらなと思っています。

 

それでは、このブログを投稿して、
引き続き仕事に取り掛かりたいと思います! (`・ω・´)ゞ