匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常 - メメントモリ公式ブログ『匠の相駕籠(たくみのあいかご)』

葛藤

スヌーピーに「配られたカードで勝負するしかないのさ」という有名な言葉があり、私はこれをよく思い返す。自分の身に起きている問題を、人のせいにしてしまいたくなるのは、人の心の自然な作用だ。

 

だけど多くの場合は、問題の原因は自分のなかにあることが常だ。ただし、すべてを自分のせいにするのは、行き過ぎている。

 

「配られたカードで勝負するしかないのさ」というのは、これはたんに現実を表している。

 

だれもがその時その時、最高の条件で勝負できるわけではない。だからいま自分に用意されている条件で、ベストを尽くす他に、状況を変えることはできない。それはこれまでも痛感してきたことだから、心が弱くなって、つい人のせいにしてしまいたくなるとき、わたしはスヌーピーの言葉を唱える。そして自分の心を激励する。

 

でもやっぱり我慢できなくなって、思わずカードを叩きつけて、席を立ってしまいたくなる瞬間もある。これは自分の心との戦いの問題なのか。もしかしたら、あまりにも不当な条件を受け入れ過ぎているのではないか。そのように心がザワザワと迷いだす。

 

 

すこし落ち着こう。