匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常 - メメントモリ公式ブログ『匠の相駕籠(たくみのあいかご)』

チャレキャラのイベント設計をやっている

 今年も協賛&メンターとして参加する予定の『チャレキャラ』のイベント準備に追われている。

 

 『チャレキャラ』は福岡の大学生、専門学校生などをあつめて、約半年間、アプリやウェブサービス開発を体験してもらうイベント。昨年はイベントに参加して、学生さんとお話をするだけでよかったのですが、今年は運営にも参加しています。

 

 

 チャレキャラの運営に関わっている人は、みんな社会人で、なかなか忙しい。チャレキャラ専任のスタッフもいないため、慢性的に人手が足りていません。

 

 わたしも業務の合間をぬって、ちょこちょこお手伝いをしていたのですが、いよいよ最初のスタートアップイベントを、今週末に控えることになりました。

 

 具体的なイベントの内容が決まらないと、案内もできないし、印刷物の準備などもあって、先週末ぐらいから、ずっと夜なべをしています。

 

 

 ここまでくると、ただただ成功を祈って、がむしゃらにやっています。チャレキャラのような、産学協力して地方の学生を育成するような取り組みは、絶対に必要だと思っています。だから、できるだけ精一杯がんばります。

 

 さきほど、イベントの大枠がようやく決まって、必要な印刷物の発注も終えました。あとは、当日までにいくつかのプレゼン資料を準備することと、当日の進行表などを作らなければなりません。

 

 

 今日はもう寝て、金曜日の夜にがーっとやってしまおうと思います。