匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常 - メメントモリ公式ブログ『匠の相駕籠(たくみのあいかご)』

先週末のこと

 先週末は、第2回目のスタートアップイベントに参加するため、チャレキャラに行ってきました。

 

 1回目と2回目は、まったく同じ構成で行われます。学生さんが学校の都合などによって、参加できなかった場合を考えて、立ち上げとして重要なスタートアップイベントだけは、2回同じものを実施しようという配慮でやっています。

 

 内容はほぼ同じ構成なのですが、2つ異なる要因が入ってきます。

 

 ひとつは、まったく同じ人間がいないように、参加する学生が前回とガラリと変わっています。もうひとつは、彼らをサポートするメンターの顔ぶれも、前回と少々変わっています。(メンターは善意によるご参加なので、ご都合が取れる方だけ来ていただくことになっています)

 

 そのためか、おんなじ構成で実施しても、こんなにも雰囲気が変わってしまうんだなという驚きがありました。前回には前回の良さがありましたが、今回も今回の良さがある。

 出てくるアイデアも、前回とかなり傾向が違っていたし、学生同士の雰囲気も、また少し違う感じがありました。

 

 人とのふれあいは、いつも同じようにはいかない。それはこの世の面白いことの一つだなぁと思います。