匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常 - メメントモリ公式ブログ『匠の相駕籠(たくみのあいかご)』

プロジェクトよりも長く続く人間関係

 昨日から東京入りしています。夕方からは、先ごろまで関わっていたプロジェクトのお客さんと会って、オフィス近くのブリティッシュパブでお酒を飲んでいました。

 

 相変わらず皆さん忙しいというのはわかっていたのですが、今はちょうどリリース間際の調整の時期だそうでした。しかも水曜日ということで、ちょっと無理な時期にお邪魔してしまったなと思いました。

 

 このプロジェクトでは、開発メンバーとして一緒に関わった人は10人以上いたと思います。東京と福岡という位置関係ですので、ビデオ会議を経由してしか面識のない方もいます。それでも、ほとんどの方が、顔を見せてくれまして、本当にありがたかったです。

 

 プロジェクトから離れてしまうと、もちろん今後の接点は薄くなっていってしまいますが、人間関係って、仕事が終わっても、プロジェクトが終わっても、どちらも忘れてしまわない限り、人生が終わるまで続いていきます。

 

 広いようで狭いのが業界ですので、きっとまたご一緒できることはあるだろうと思います。お忙しい中、本当にありがとうございました。