匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常 - メメントモリ公式ブログ『匠の相駕籠(たくみのあいかご)』

市民フォーラムに参加していました

 友人が怒涛の勢いでブログを更新していて、なんだなんだ?と思ったら、アドベントカレンダーの季節だったのですね。

 

 アドベントカレンダーとは、12月1日からクリスマスまでの期間、日数を数えるための日めくりカレンダーのようなものらしい。特に IT 界隈だと思うけど、このアドベントカレンダーにあやかって、特定のテーマについて24日間、連続でブログをアップするというお祭り(?)がある。

 

 面白そうなので、わたしもあやかってみる。最近は、こちらのブログの更新回数が少なくなってしまっていたことだし。

 ただ、アドベントカレンダーのことに気がついたのが今日(2日)だったので、2日スタートということにさせてください。

 

 

 今日(2日)のこと。

 今日は家族総出で、早良市民センターで開催された市民フォーラムに参加しました。ゆるやかに関わりを続けている NPO の団体さんが主催しており、子どものことについて、子どもを直接支援する現場をもっている様々な方などが参加して、一日、議論と交流を深めました。

 

 この市民フォーラムは、毎年開催を続けて、今年で第17回目になるそうです。わたしは、昨年はじめて参加して、今年で2回目になります。

 

 

 困難な事情を抱えている子ども、家庭について、福岡でそういった方たちを支援し続けている方々からの、いろいろなリアルなお話を伺いました。わたしは仕事で、直接子どもと関わったり、子どもを支援するようなことはありません。そのため、そういったお話については、ニュースで知ったり、支援をされている方々からのお話でうかがい知るしかありません。

 

 知らなかった、を知ることで、より自分のこととして、身近に考えやすくなります。

 

 知らなかった、を知ることは、ひとの生き方に厚みを加えて、他人への理解が深くなります。

 

 

 今日は、そんなことをしていた一日でした。家に帰ってからは、ひさしぶりに子どもたちと一緒にお風呂に入り、その後、就寝しました。

 お布団に入って、寝付けなかったので、起きてきて、こんなブログを書いています。